エアビーノ|民泊物件・運用代行・最新情報サイト

まだまだ知らない!エアビーアンドビーの実態と人気の秘密

 

近年、知名度を高めるエアビーアンドビーの人気の秘密は、大きく2つあります。

 

・Airbnb人気の背景

 

1.Airbnbが提供する、安価でお手軽に宿泊できるサービス

 

2.日本国内の宿泊施設の不足と宿泊費の高騰

 

3.円安による海外からの旅行者の増加

 

4.航空運賃が安くなった

 

5.その他(現地の暮らしを体験できるなど)

 

エアビーアンドビーのコンテンツ力にプラスして、社会的背景による後押しもあり、日本国内のでAirbnbの需要はどんどん高まっているのです。

 

上記のように、外国人旅行客の増加により、ホテルの宿泊率も増加の傾向にあり、予約の取れにくい状況が起きています。

 

そのため、エアビーアンドビーのような、民泊のシステムを利用したい外国人ゲストにとって、日本の文化や生活を体験できるAirbnbはありがたいサービスです。

 

しかし一方では、エアビーアンドビーに登録される民泊できるホスト(オーナー)の数が増加する中で、数々の問題も浮上してきています。

 

・Airbnbの問題点

 

1.接客品質の問題

 

2.近隣住民との問題

 

3.法律的問題

 

「接客品質の問題」について。

 

エアビーアンドビーには、登録する宿泊場所を容易に増やすことができる利点がある反面、その接客を全てそのホストに委ねるしかない現状があります。

 

しかし、このシステムを期待して利用する顧客もホスト以上の数が存在するため、その接客品質が合うかどうかはホストの接客によって様々です。

 

顧客の要求にそぐわないサービス品質が、顧客の不満にもつながり、現在、メディアが注目する中でも大きな問題へと変化してきているのです。

 

次に「近隣住民との問題」。

 

ホストと顧客との問題以外にも、近隣住民との問題もあります。

 

代表的なトラブルを下記にまとめてみました。

 

1.地元のマナー(駐車やゴミの影響)
2.騒音・パーティー等の問題
3.ケンカトラブル

 

こうしたトラブルが近隣住民へ影響が及んでいる実態が浮き彫りとなり、早急に対策を講じる必要性がある問題へと発展してきているのです。

 

民泊システムの改善!エアビーアンドビー社が打ち出した対策「苦情受付窓口の開設」

 

当然問題が発生したらその対策を講じなければ、信用問題にもなりますし、信用を失えば収益を伸ばすことはできません。

 

賃貸物件を民泊で使用することによって様々な人が行き交い、知らない人が行き来するようになれば、近隣住民が不安感も抱きますし、さらにはそのコミュニティーのマナーが守れなければ批判を受けるのも当然です。

 

そこで、現在エアビーアンドビー社は、新たな苦情を対策するための窓口を新設し、その対策に乗り出しています。

 

新たな苦情窓口の取り組みとは

 

苦情窓口設置の取り組みは、国も交えた話となっています。民泊サービスにおけるこの規制改革には、どんな取り組みなのでしょうか?

 

1.マナー違反に対する対応の強化

 

マナー違反に対する対応の強化。

 

Airbnbを利用している顧客の騒音やゴミ等のマナーの悪い点等を、近隣住民から指摘を受けた場合に、Airbnbのサイトの苦情窓口のサイトを通じて、Airbnb社が知ることできる仕組みである。

 

2.返金システム

 

ホストによる急なキャンセルや不衛生な部屋の提供等の問題から顧客をサポートし、守るためのシステムが徹底されており、顧客のフォローを行っています。

 

3.今後の動向について

 

今後、Airbnb社では、こうした問題を徹底的なくすために、次なる方針も打ち出しています。

 

その改善方策として、次のような方策を検討しています。

 

1.災害情報や感染症情報の伝達手段の構築

 

2.警察との窓口開設による住民トラブルの監視機能の構築

 

取引を増やせば増やすだけの問題点が発生するのは当然のことです。

 

その問題をいかに軽減させる方策を打ち出し、生じた問題に対して対策を講じることこそが、何より重要なのです。

 

Airbnb社では、そうした問題に直面している今、顧客不満解消のための数々の対策を準備し、対策を講じることで、さらにより良いシステムへと進化させていくことでしょう。

エアービーアンドビー人気の秘密

ド素人でも先行者利益を上げるための方法を徹底解説。誰もが教えてくれない民泊ビジネスの最先端情報

無料購読はこちら