エアビーノ|民泊物件・運用代行・最新情報サイト

あなたのケ?ストはどんな人?Airbnb運営はターゲットを明確に!

 

今回はターゲットのお話です。

 

どんなビジネスをやるにしても、ターゲット(お客様は誰か?)を明確にすることはとても大切なことです。

 

Airbnbでは世界各国から様々なゲストが訪れますが、じつはそのゲスト毎に様々なニーズがあります。

 

・京都に観光に行きたい層をターゲットとするならば、京都にリスティングを作る。

 

・安さを求めてる層をターゲットとするならば、価格の安いリスティングを作る。

 

・ファミリーで観光に来る層をターゲットとするならば、大き目のリスティングを作る。

 

一般的にビジネスをやる上では、更にこと細かくユーザーのイメージをしておく必要があります。

 

何故ならそれによって、例えば飲食店ならメニューや内装、外装、キャンペーン、広告のターゲット等などが決まってくるからです。

 

万人受けしたほうが、お客さんもたくさんいるし、そういう作りにしたほうがいいじゃん、と思うかもしれませんが、万人受けは不可能です。

 

Airbnbのリスティングでは、そこまで細かく考えなくても、まだまだ需要過多なので、適当に作っていてもお客さんは入ってきます。

 

しかしながら、今後必ず需要と供給のバランスは変わってくるため、今のうちにこういったことを意識し、リスティングを作っておいたほうが長生き出来るし、利益率も高めていくことが可能です。

 

ターゲット層その1:とにかく安くていいから観光に便利なところがいい!

 

Airbnbを使うゲストの大半が「安くて観光に便利は場所がいい!」という方だと思います。

 

だからこそ渋谷区で1ルームのリスティングが流行っているのでしょう。

 

こうしたユーザーは、とにかく「安い」ことを重要視しています。

 

主要駅から近いに越したことはありませんが、特に外観や内装にはこだわりがありません。

 

なるべく安い家賃の家を借りて、家具家電も最低限でOKです。

 

TVや冷蔵庫も洗濯機も電子レンジも要りません。

 

寝るためのベッドと、最低限のコップや箸、スプーンなどがあればOKです。

 

ベッドも中古家具で揃えてしまえば、物件取得を含めても30万程度で完成できます。

 

しかし、安く手堅く始められますが、色んなデメリットがあります。

 

格安物件におけるデメリットとは?

 

・低取得層のゲストが中心となる

 

→安いし汚く使ってもいいだろ、というモラルの低い使い方をされる恐れがある。

 

もちろん盗難の恐れも。部屋で騒がれて近隣からの苦情の恐れも気をつけたい。

 

・Airbnbのレビューが低くなる

 

→頑張ってホスピタリティでカバーしようとしても、総合で見ると高評価がつきません。

 

スーパーホストになりたいなら、こういった物件は別のアカウントで行うべきです。

 

大きくまとめると上記の2点なのですが、物が盗まれたり壊されたりすると体力的にも精神的にも面倒なので、結論としてはあまりお勧め出来ません。

 

ターゲット層その2:家族や大人数で観光旅行をしたい!

 

Airbnbのゲストは、1人で来る人や2人で来る人がかなり多いですが、家族や大人数の友達グループで訪れる人も結構います。

 

こうしたゲストを受け入れるためには、それなりに広い部屋が必要となります。

 

お勧めはファミリー層を意識して、5人まで泊まれる家を作ってあげることです。

 

日本と比べて、海外は子供が多いことが多いので、5人まで受け入れることが出来ると、大体のファミリー層はカバーすることが出来るでしょう。

 

上記のターゲット層その1に比べると、リスティングに対する期待も高いので、準備をしておくものも色々増えてきます。

 

以下にあると喜ばれるものを記載しますので参考にしてみて下さい。

 

ファミリーに喜ばれる備品リスト

 

・キッチン用品(フライパン、鍋、コップ、皿、冷蔵庫、電子レンジ、電子ケトルなど、料理に必要なもの。炊飯器はあまり使われません)

 

・洗濯機(乾燥機付はベター)

 

・アイロン&アイロン台

 

・子供用の椅子や食器類

 

・家から最寄のスーパーまでの道案内図

 

特にキッチン用品は一通りそろえたいもの。

 

アイロンや子供用品はちょこちょこ聞かれます。

 

そんなに高いものでもないので、準備しておけるなら準備しておいたほうがより良いでしょう。

 

レビューを書いてくれる確立も高いので、その分ちゃんとしたホスピタリティで接してあげましょう。

 

少人数に比べて期待値は高いので、期待にそぐわないものがあると、レビューに書かれてしまうこともあるので、気をつけましょう。

 

「子供の分をディスカウントしてほしい」と交渉をしてくることが多いのもこの層の特徴です。

 

ちゃんと自分がどこまで割引をしてあげられるかの目安を決めておきましょう。

 

例えば、10歳以下の子供は半額にするなどといった対応も考えたいですね。

 

また、最初から子供の数はカウントしないで予約を入れてくる方もいるので、その点はきちんと確認しましょう。

 

ターゲット層その3:広くてお洒落な高級物件に泊まりたい!

 

少数ですがこういうゲストも存在します。

 

そして数はかなり少ないですが、1泊3万円以上のリスティングもちらほらあります。

 

少数とは言え、ゲストの需要のほうが多いため、3万円以上のリスティングの利用者は結構いるようです。

 

これで月に20日分も稼動し、複数人数で泊まることを考えれば、それだけで月の売上げは70万くらいになるでしょう。

 

しかし、高級物件を作るのは相当軍資金がかかります。

 

一番のデメリットはそこですね。

 

かなり高級そうな物件を見つけて契約し、IKEAのような安い家具ではなく、ちゃんとした家具家電を揃えてとなると、数百万レベルでかかってくると思います。

 

将来もしAirbnbがダメになっても、自分で使えればいいかな、と考えている方や、お金に余裕のある方以外にはあまりお勧めしません。

 

1泊の単価を上げるためには、高級な物件かつ、ちゃんとした家具家電、が必要です。

 

どちらか一方だけでは中途半端になり「思ったよりも単価を上げることが出来なかった」となりかねません。

 

こういった物件を利用するゲストはもちろん富裕層なので、良い教育を受けていることも多く、かなり高い期待値を持って家に泊まりに来ます。

 

そのニーズに答えてあげられれば、評価もALL MAX間違いなしです。

 

たとえ1泊3万でも、高評価になることもあれば、その一方でターゲット層その1のように1泊の宿泊費を破格の3000円にしても、コスト面で高評価にならないケースがあるのですね。

 

まだまだ色んなターゲット層はると思います。

 

こういったことを考えながらリスティングを作ることによって、他の人とは違うリスティング作りに繋がります。

 

是非ターゲットを意識してリスティング作りを行ってみて下さいね。

エアービーアンドビー人気の秘密

ド素人でも先行者利益を上げるための方法を徹底解説。誰もが教えてくれない民泊ビジネスの最先端情報

無料購読はこちら